社主コラム

株式会社シー・エム・シー(CMCグループ) > 社主コラム > ロシア連邦派遣日本武道代表団として

社主コラム

ロシア連邦派遣日本武道代表団として

2014年11月15日

11月5日より12日まで日本武道代表団の一員としてモスクワに行ってきました。
昨年、安倍首相とプーチン大統領との日露首脳会談で合意された
「2014年日露武道交流年」の記念事業の中核として計画されたものです。
日本とロシアの友好親善に寄与するという大目標はもちろんですが
プーチン大統領の訪日を確実にさせ、平和条約や北方領土問題を進めるという
思惑があったものと思われます。
また、ロシアとの友好は隣国中国や韓国との関係にも大きな影響を与えます。
主催 日本武道館、後援 文科省・外務省で行われたこの代表団に対しての
熱の入れようは大きなものがありました。
団長に高村正彦自民党副総裁、副団長に柔道の山下泰裕さん、現代武道9道、
古武道3流、総勢75名の大軍勢になりました。
各流派そうそうたるメンバーが参加をしました。
私は大東流合気柔術の団長として参加をしてまいりました。
20141105-01.jpg
(入場式にて)
スポーツ省への表敬訪問に始まり、スポーツ大臣との懇談。
タス通信での記者会見、ロシア政府からの歓迎晩さん会。
モスクワ国立体育スポーツ大学での武道セミナーや演武会。
ルジニキ・オリンピックアリーナでの大演武大会そしてワークショップ。
5000人を超えるロシアの観衆の中、プーチン大統領の列席も得ました。
20141105-02.jpg
地域との交流イベントには、大東流合気柔術のオープンセミナーを開き
ロシアの武道愛好家に大東流合気柔術を指導してまいりました。
20141105-03.jpg
ほとんど休む暇もない強行日程でしたが、得るものは大変多くありました。
一つは国を代表するということの重みです。2つは国の仕組みの違いです。
日露双方の政治家官僚の皆様の違いです。
お国柄の違いといっても良いものです。
現代武道の超一流の先生方、古流の宗家先生との交流はことさら学びの多いものでした。
また、流の代表として海外でのオープンセミナーは誰が来るかわからない
将に真剣勝負の場でもありました。
20141105-04.jpg
いずれにしても無事任務を終え帰国できたのは、計画立案をしていただいた日本武道館
並びに関係機関の皆様、大東流合気柔術ロシア支部の門下生の皆様に厚く御礼申し上げます。
                                            
                                                     感謝。
 


柔道整復師・鍼灸師として働きたい方へ

社主コラム月別アーカイブ

社主コラム年別アーカイブ

フィードを購読

購読する このブログを購読

オープンセミナー CMCグループが主催するセミナーの情報です

マスコミの皆様へ 整骨医学に関する取材や監修、ロケ協力はこちら

社主コラム

トレーナー活動

CMCオリジナルストレッチ動画

サイト内検索
  • サイト内検索