CMC Blog

CMC Blog

はじめまして☆

2013年04月01日

はじめまして、広報室です。
CMCブログを始めましたicon:note(冷やし中華みたいですかicon:question
ついつい固い雰囲気にのまれがちなHPですが、ここではほっと一息icon:teaつける
ページを創っていきたいと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します。
学生さんには、社風などを感じとっていただければ・・・・・と思っていますicon:body_goodicon:sparkling
さて、4月が始まったばかりだというのに、桜は勢いよく散っていますねicon:sweat
桜の花びらで、風が姿を現している今日この頃ですが、本社の裏にもそんな通りがありますicon:cherryblossom
その名も「さくら通り」という有名な通りで、中央区の中で最も多い169本の桜が咲き乱れる並木道です。
東京駅八重洲北口から茅場町までつづいていますicon:cherryblossomicon:cherryblossom
sakura1.jpg
オフィスの谷間にある桜並木ですので、さすがに座って宴会は出来そうにありませんが
残業後のビジネスマンを侮るなかれicon:body_biceps
夜遅くになるとゴザを敷いての宴会が始まるそうです(社主談)icon:moon
私はその時間まで、いないので・・・・・昼間の写真をどうぞicon:face_shishishi
ssakura4.jpg
sakura3.jpg
今のさくら通りです。
散りゆく桜がハラハラ舞うという感じで、より一層風情があります。
sakusaku.jpg
『久方の 光のどけき春の日に しづこころなく 花の散るらむ』
icon:pencil日の光がこんなにも、のどかな春の日に、なぜ桜の花だけが落ち着いた気持ちもなく、
慌ただしく散ってしまうのだろうか~。
今から約1100年前(平安時代)紀貫之の従兄である紀友則が詠んだもので
百人一首のひとつでもあります。
むかしの人が詠んだ歌に思いを馳せると、時代が変わっても
同じ風景を見ていたのだなと不思議な感覚がしますicon:face_shyicon:sparkling
そして、それより少し前の奈良時代 大宝律令には、
外傷を専門とする官職(今の柔道整復師)のことが記されていますicon:memo2icon:pencil
桜を愛でる心もicon:heart柔道整復師のお仕事も、今も昔も同じように存在し
当時の先生方がお仕事の合間に桜を眺めてる姿を想像してしまいますicon:sparkling
hyakunin.jpg


柔道整復師・鍼灸師として働きたい方へ

CMC Blog月別アーカイブ

CMC Blog年別アーカイブ

フィードを購読

購読する このブログを購読

オープンセミナー CMCグループが主催するセミナーの情報です

マスコミの皆様へ 整骨医学に関する取材や監修、ロケ協力はこちら

社主コラム

トレーナー活動

CMCオリジナルストレッチ動画

サイト内検索
  • サイト内検索